≪文字色が緑のリンクは、ホームページ内の他のコンテンツへのリンクです。
リンク先からもどるには、ブラウザの戻るボタンをクリックしてください。≫

なんでそんなところに…

2003年10月4日、初めて一人で山の頂上まで行った記念すべき日でした。
偶然ですが、この日は私の誕生記念日〜。お〜記念が続きますねぇ♪
そのわりには、位牌岳、山の名前は、いまいちですが…
まあ…記念に遭難、私が位牌に…なんて記念が続かなくて、よかったよかった。



本題、「なんでそんなところに…」。

高さ20m程の滝の高さ10m程のところにダイモンジソウ。
この日まで雨が少なく滝の水はチョロチョロ程度。

滝の上には沢があるということで…
タネが流れてきて、滝を落ちるときに岩にとりついたのでしょうね。


では下の写真はどうでしょう。「なんでそんなところに…」。

高さ4m程の立ち枯れのような木の上に、ダイモンジソウと
花が終わったコバギボウシでしょうか。ツタも、からまり…
風変わりなアゴヒゲアザラシのような自然のオブジェ。

木の上空には…何もない…タネは、いったい、どこから…



タネがツタの葉にのっかって、ニョキニョキ登ってきたのでしょうか。
暴風でタネが4m上空に飛ばされ、とりついたのでしょうか。
下から毎年ちょっとずつコツコツと上に登ってきたのでしょうか。

もう一つネットの友人に教えてもらって気づいたのですが、
鳥が実を食べて木の上でフンして、フンの中にタネが入っていたという
可能性も大きいですね。これかな。



花に聞いてみないと分かりませんが…
高いところで、風に、そよそよ…気持ちがよさそうですね。

特等席。

その地位まで昇りつめた秘訣をインタビューしてみたいものです。

おゴッチャばこにもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー