クサノオウ 花と葉 クサノオウ(草の王)
ケシ科 クサノオウ属

花期:4〜7月
場所:道端や草地など
花:直径約2cm

03.04.19撮影
田方郡函南町
日守山周辺

クサノオウ 群生 ○名前の由来にはいろいろあるようです。茎や葉を切ると黄色の液が出るので「草の黄」、毒性があるが薬草ともなることから「草の王」、皮膚病にも効くことから「瘡の王」など。


クサノオウ 花とツボミ


←花びらは4枚なんですね。長い雄しべがおもしろいですね。

一つ前のページにもどる

季節の花(検索)にもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー