ヤハズハハコ 全体 ヤハズハハコ(矢筈母子)
キク科 ヤマハハコ属

花期:8〜10月
場所:山地など
花:直径約6mm(頭花・推定)

06.08.20撮影
山梨県
山地の林(標高約1700m)


ヤハズハハコ 群生 ヤマハハコなどの仲間で、頭花を矢筈(ヤハズ)に見立て、この名がつけられたということです。
「矢筈」とは矢の弦にかける部分のことす。
ヤハズハハコ 雄株の花


←雌雄異株です。中には両性花も混じっていることがあるそうです。
こちらは雄株の頭花です。
ヤハズハハコ 雌株の花


←こちらは雌株の頭花です。
花びら(舌状花)の先が外に反っているようすが矢筈のように見えたのでしょうか。

一つ前のページにもどる

季節の花(検索)にもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー