アリの目写真?
花と目線を合わせ低い姿勢で撮るといい写真になる?
これは、私もケースによるとは思いますが、実感します。
撮るだけではなく、見るだけでもおもしろく?おすすめです。

そうした方が、花が親しく感じられるからというロマンチックな方も多いようです。
(私もそうかな?違うかな?)


《目線を合わせて撮った写真。花はゲンゲ》
ただ、ひざやひじをついたり、
ふせたりしなければならないので、
服が汚れることは言うまでもありません。

花の写真を撮られる方は、よく下にひく
ビニールシートなど持ち歩いているようです。

(不精な私の場合、そんなことするはずもなく、
下がどろんこでも、ひざをついたりしている
のですが…
もちろん!汚れます…反省)

猫の目写真というのをご存知でしょうか?
(猫の目を撮った写真!…そんなことはないですね。失礼しました…)
街のようすを猫の目線で撮るというものなのですが、普段、見ている街の景色が
一変してなかなかおもしろいんです。

それと同じように花と目線が合うように、見る角度を低くすることによって、
普段は見えない隠れていた部分や新しい形などが見えてくる…
このことが大きいのかなと思います。

さて、それなら、さらに花の目線よりも下から撮ったらどうでしょう?
女性のスカートを下からのぞくように…
注1.これを実際に女性にやったら怒られるのでご注意を…
私はそれを恐れ、やったことはありません。)


《目線より下から撮った写真。ハルジオン》
カメラを上に向けて撮りますが、
これはある程度丈のある花にしかできません。

低い花は、あとは斜面の上に咲いているのを
祈るばかりです。

(あとは穴を掘ってそこに入って…
…やりませんね…)

そこで考えたのですが、(前ふりがひじょうに長かったですね。)
下に鏡を置いたらどうかと(注1.要参照
猫の目より、低いアリの目写真が撮れるのではないか…

これはまだやったことがありませんが、今度試してみようかなと思っています。
(もちろん花で…)

アリの目写真未撮影

ネタのタネにもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー