姫vs鬼…結果は?
姫vs鬼の1回戦、もちろん鬼が勝つと思いきや…姫の圧勝!(なんだ、なんだ?)
この2つに共通するものはユリ?…他には見当たりませんでした。
(う〜ん、難しい…。お分かりになったでしょうか?)


《写真:コオニユリ》
ヒメユリ、オニユリ…
花の名前の頭に姫、鬼どちらが多く
つくかという勝負だったのですが…

私の図鑑では71対15で姫の勝ちでした。
(そんなの数える私は何者?)

それ以外のものを合わせても
鬼は50種ほどだということです。
しかし、けっこうあるものですね。

「ヒメ」というと一般的には?「美しい」花につけるというイメージがありますが、
どちらかというと、「小さい」という意味でつけられるケースが多いようです。


《写真奥の赤い花が、ヒメオドリコソウ》
例えばヒメオドリコソウ。他の花がうらやむ
ような素敵な名前ではありませんか!

名前だけに、イメージダウンでしょうか。
この花も、なかなかいいんですが…

文字通り「踊子」の花笠をまとったような
オドリコソウという花があり、その仲間で
花が「小さい」ということから、この名が
ついたのだそうです。

その他、ヤブランより全体的に「小さい」ヒメヤブランなどもこの例ですね。

《ヤブラン》

《ヒメヤブラン》

「オニ」は、およそ「ヒメ」とは反対の意味で「荒々しい」とか「大きい」花につけられる
という傾向があるようです。


《オニタビラコ》
オニタビラコを見て意外な感じを
もたれる方もあると思います。

特に「荒々しい」とか「大きい」わけでもなく…
かえって弱々しい感じをうけます。

地面をはうように背の小さいタビラコという
花があり、その花との比較で背が「大きい」
ことから、この名がついたのだそうです。

それにしても姫と鬼、同じ花として生まれながら、えらい呼ばれ方の違いですね。
鬼が、かわいそうだということで、2回戦は鬼の勝ちということで丸くおさめましょう。

ネタのタネにもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー