おしゃれな花が今!
「帰化植物」という言葉をご存知かと思います。
日本からみた場合、
「海外から人の行為によって日本に運ばれ、野生化した植物」という意味になります。

その「人の行為」というのには、いくつかあると思うのですが、大きく分けると、
意図的に持ち込まれたものと、意図せずに持ち込まれたものとに分けられます。

前者には、園芸用として持ち込まれたものなどがあげられます。
これは、持ち込まれた時点では野生化はしていないので「帰化植物」といわれるのは、
もう少し後のことになります。


《ハルジオン》
例えば、ハルジオンなんかは、今は雑草の
代表みたいなもので、そういえば、
最近(2001.11月時点)、バンプ・オブ・チキンが
同タイトルの歌を出していましたね。

(ちらっとしか見ていないのですが、
ビデオクリップに出ていた花は、
本当にハルジオンでしょうか?)


《ヒメジョオン》
ハルジオンと似ているヒメジョオンなんかは、
明治維新のころ渡来して、
「柳葉姫菊」などというたいそうな名前まで
いただいて珍重されていたそうです。

ハルジオンとヒメジョオンの見分けには、
様々あるようですが、私の場合、
花をよく見るので、そこで見分けます。

花びらが多く、花びらの先がほのかに

ピンクがかっている方がハルジオンです。
(ほとんど白の場合もありますので、ご注意を…)

2種とも北アメリカ原産ということなので、いってみれば
「観賞用というきれいなドレスを着て、来日した青い目をしたご令嬢」
ということになります。(ちょっと、たとえがつらいでしょうか…)

それが今は雑草として道端や野原を闊歩(本当に歩いていたら怖いですが…)
しているのですから、お得だとは思いませんか?


《セイタカアワダチソウ》
申し遅れましたが、ちまたで悪名の高い
セイタカアワダチソウも、もともとは、
前の2種と同様に、北アメリカから観賞用として
渡ってきたご令嬢です。

ネタのタネにもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー