遠くて近い、近くて遠い?
身近な野の花を撮り始めて、はや4ヶ月(2001.12時点)。
始める前は、どのくらいの野の花が掲載できるだろうかと不安でしたが、
やってみると、その辺を歩くだけで思いのほかたくさん見つかるものですね。

今はさすがに冬で一段落というところですが、春にでもなればホームページの更新が、
追いついていけるかと全く正反対の不安にかられたりします。

さて、このホームページの写真が、主にどこで撮影されているかといいますと、
沼津市少年自然の家・駿東郡長泉町駿河平自然公園・駿東郡清水町柿田川公園の
3ヵ所が主な撮影地になります。

本当は、自宅の周辺でも野草といおうか雑草といおうか、このホームページの
材料がけっこう転がっています。(転がっているといっても、本当に花が横になって、
転がっているわけでは…失礼しました。)


《路地裏で撮影したオニタビラコ》
そう思い、始めのころは、近所でも撮影
していたのですが…
あるとき、はたと、気づきました。

私の家は沼津駅近くの市街地…
アスファルトにはいつくばって撮影している
私の横を通り過ぎる革靴のずっと上の方を
見るとあやしげなものを見たかのような
けげんそうな顔が…
やめておこう…そう思いました。

さすがに、水のない側溝(どぶ?)に咲いていたピンクの小さな花は撮れずじまい…
(いくら私でも、どぶの中に顔をつっこんで撮影するのは、さすがに…)
そのあと見たら2mmほどの赤い実をつけていたのですが、なんて花でしょう。


《沼津市少年自然の家、コバギボウシ7月》
そんなこんなで、今は、はいつくばっていても、
けげんな顔で見られることの少ない、
沼津駅から車でそれぞれ10分20分30分の
上記の3ヵ所で主に撮影をしています。

市街地で見られるようなものから、山や野原で
しか見られないものまで撮影できるので
結果的によかったなと思っています。

撮影地の風景を撮影したものはありません
でした。春にでも撮影して、あらためて
ご紹介しようかなと考えています。

《駿河平自然公園、ヤマホトトギス9月》

《清水町柿田川公園、イガアザミ9月》

遠くに見に行こうと気張らなくても身近に咲いている野の花。
でもゆっくりと見ようと思ったら、ほんの少し車を走らせて、自然の中に身をおいた方が
いいのかもしれませんね。

ネタのタネにもどる

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー